fc2ブログ

私の屈輪(ぐり)

手ぐり組皿大HP

以前、紹介した倶利(屈輪)のことを少々記します。
古代唐の時代より伝わった堆朱(ついしゅ)のぐりぐりした文様のことです。
堆朱とは漆を何百回と塗り重ねその断面を彫刻する技法のことです。
薬研彫(やげんぼり)というV字型の溝で構成されるその積層がとても美しい。

小刀1本で全てを彫りあげるため線の勢いが大切です。
熟練を要す仕事です。

古い文様ですが私なりにデザインし多用しています。
上記の作品は18年前にコンクールで受賞した大皿です。
製作期間1年。
塗りは縁が呂色磨き(黒漆)で中の図案部分は乾漆溜塗りです。

私の倶利です。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード