スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けずり夫婦箸の納品パート2

IMG_3040.jpg

IMG_3041.jpg

IMG_3038.jpg

朝から包装作業をしてくださるいつものKさん。




2月13日、鎌倉は気温もぐんぐん上がり春先の天候です。
今日も多くの行楽客で鎌倉はにぎわっています。

2か月近く製作し続けた箸が完成し
納品のための包装作業に入りました。
朱とため塗の夫婦箸のセットです。
数は400組。

昨年の注文から半年が過ぎ
弟子のG君も箸の塗作業にまたまた毎日追われました。

製造過程の話を少し。
削り終えた箸は生漆での木固めをしたのちに
先端部分を黒の絞り漆で補強。
生漆と黒中漆を混ぜた下地を繰り返し
ベンガラ漆を2回塗り先端部分は黒中漆、絞り漆で補強。
それぞれ上塗りをし完成。
我が工房では上記の絞り漆を適宜施すのが特徴です。
スポンジやローラを利用するところも肉をつける工夫です。

丈夫で美しく仕上げるよう思いを込めて作業します。
我が工房も一区切りですが
まだまだ納品時期が迫っている仕事が複数あり
気を抜ける状態ではありません。

日々是精進です。






スポンサーサイト
プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。