FC2ブログ

明治神宮の「漆の美展」

IMG_2151.jpg
快晴だが外気は冷たい。境内をおごそかな気持ちで会場へ進む。

IMG_2152.jpg

IMG_2153.jpg

またまたお久しぶりです。
今年は年頭から去年以上に忙しく報告したいことは
山ほどあるのですがなかなかブログを書く時間がとれず
ご無沙汰してすみません。

1か月前の出来事です。
2月の6日から代々木の明治神宮の宝物展示室で「漆の美展」が開催されました。
明治天皇のゆかりの漆工品をはじめ全国の職人、作家、愛好者の秀作が
200点以上展示されました。
プロ、アマ問わず漆の素材を使った製作者が一堂に出品、展示される
盛大な展示会でした。

私も日本漆工協会が以前主催していた前身の全国漆器展には出品受賞していましたが
この漆の美展にはかかわったことがありません。
今回は父である小園博が2回目の準大賞である林野庁長官賞を受賞。
所要のためこの日は都合がつかず受賞式には私が代理で出席しました。

協会の丸山専務いわくこの展示会は公募展ではないので
長年の実績や功労に対して贈られる賞であるとの説明を受けました。
漆文化を発展させるために父は地道に出品し続け作品を通じて
鎌倉彫の啓発に努めてくれました。
一人の鎌倉彫人として敬意をはらいます。

この日はほかに漆の苗木の奉納などおごそかな雰囲気で
複数の神殿のお参りもしました。
漆文化の発展のため微力ながら力を尽くさなければと
心新たにした一日となりました。

授賞式の後は明治神宮内のレストランで懇親会で
長年漆の仕事に携わる方々のお話も聞け有意義な時間を過ごせました。

鎌倉からも3名の受賞者が同伴しクラフトの仲間もいて
懇親会は真剣?な話で盛り上がりました。


IMG_2156.jpg

父上の作品(色紙箱)。うるみの磨きである。彫刻効果を出すために艶のコントラストをつけている。

IMG_2157.jpg

友人の平山さんの乾漆のオブジェ。宴会場のお花の代わりに作品を展示。氏は日展で活躍していたが私が勧誘し
日本クラフトデザイン協会に引きずり込んでしまった。最近は頻繁に飲むよい酒飲み友達である。

IMG_2158.jpg

懇親会の様子。
豪華な料理だがご高齢の方が多くほとんど手つかずのままで
あった(もったいない)。私もお酒を飲んでばかりで(;一_一)。








スポンサーサイト



プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード