FC2ブログ

八方刀痕の手刳り(てぐり)皿。

IMG_1229.jpg

IMG_1230.jpg

IMG_1231.jpg

山中教授のノーベル賞受賞おめでとうございます。
アメリカで研究したとはいえ日本の厳しい研究環境で快挙を成し遂げたことに
日本人として誇らしく思います。
これから難病で苦しんでおられる方には一筋の光となるでしょう。
日本はまだまだ資源の少ない輸出立国で日本の頭脳がますます重要度を増します。
科学技術やその教育に予算をつぎ込むことも大切なのでしょうね。

仕事の合間に作品整理をする。
私は制作したものは全て手元に置いておくことはしないで販売する。
余り旧作は残っていないのですが倉庫の奥に日の目を見ない一品があった。
数年前にコンクールで受賞した大皿だ。
36×36×高さ7センチメートル。
一枚の桂(かつら)の板から手で刳りだし形を作った。
縁に向うにつれ鳥の翼のようにそっていく羽反りの器である。
器胎表面は放射状に刃(のみ)目を走らす。
ここでは極めて浅いアールの極浅刀を使った。
漆は輪島の地の子での蒔き地下地を施したのち呂色で仕上げた。
器の形が装飾である。

昔の作品を目の当たりにすると当時の情景が浮かんでくる。
この時も時間に追われ必死だった。

今と状況は全く変わっていない(~_~;)









スポンサーサイト



プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード