FC2ブログ

古い回転台

IMG_1005.jpg

IMG_1006.jpg

本日、朝から漆塗り教室。
だんだんと生徒さんも漆塗りの手順を覚えてきて私も少し目を離せるようになった。
女性の場合、力仕事にやや難儀することがある。
ヘラをタンバ(塗師小刀)で削るヘラ作りや朱の粉を漆で練る朱練り作業は特に難題だ。
しかし作業能率は悪いものの正確にきちんと進めていく。
本日の上塗りも上手くいった。
次回、研ぎと磨きを乗り越えれば作品完成の道。
継続は力なりだ。

工房の片隅に古い木製の回転台がある。
余り人前では使用しないが個人的には大活躍する必需品だ。
昔、布や紙を型に塗り重ねる乾漆素地を作るために購入した。
素人さんは使いきれないが大きなお盆、鉢、丸いテーブルなどの
塗り作業に使用すると便利だ。
どうしても大きなモノを振り回すのは非効率的だ。
1枚、2枚ならいいが数が多いと体力的にも無理がある。
また刷毛を通すときも都合がいい。
電動の轆轤(ロクロ)も使うが微妙な手の感覚はこの木製回転台のほうががよく伝わる。

道具の利用は工夫次第。
まだまだ利用できる昔の道具はたくさんある。

先人たちの道具は簡単で使い勝手がいい。









スポンサーサイト



プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード