FC2ブログ

漆芸の道具

IMG_0780.jpg

4月中旬の陽気の火曜日。
朝から上塗り風呂を湿らせ塗り仕事。
漆は温度と湿度がないと乾かない。

漆塗りの道具はほとんどが職人自らがつくる。
そのひとつに漆濾し器がある。
産地により「うま」とか「うし」とかよばれている。

漆の樹液には必ずゴミや塵が混じっている。
この不純物を漉し紙をつかい絞り出す。
以前は手すきの漉し紙(山形のこんぶさん)を重ねて濾していた。
現在はほとんど科学和紙にかわっている。
漉すためのスタンドを作り長年愛用している。
なるべく大きいものが万能なのだが修業時代から使っている
コンパクトな「うま」が便利である。

下地用や蒔絵用と用途に応じて複数持っていると方もいる。
また回す軸に歯車を付けたり十字に形作りまわしやすいよう工夫する職人もいる。

私は小細工せずシンプルにそっけないこの漉し器を使っている。

本日、気温が18度まで上昇。
どんぐり工房の教室脇の池のほとりにガマガエルがお目ざめ。
こんなに早く出てきてしまって大丈夫かなぁ。

三寒四温、春がじわじわ近付いてきた。





__ (3)

まだ寝ぼけ眼だ。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード