FC2ブログ

IMG_0794.jpg

IMG_0789.jpg

IMG_0796.jpg

IMG_0791.jpg

IMG_0793.jpg

温かい土曜日。
今年は梅の開花が遅い。
寒い冬だったんだなぁ。

鎌倉から今日のサークル指導の茅ケ崎市立松林公民館への移動中に梅の花を観察した。
古代よりこの花は日本人が最も好む花の一つであった。
今こそ桜が花見の代表的な花であるが奈良、平安時代はこの花が春の訪れとして
人々、特に貴族の間では愛される花であった。

万葉集のなかでも菅原道真が京都の屋敷にて九州大宰府に移る時、
「東風吹かば にほひおこさせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ」と詠まれた。
万葉集に登場する花では梅が最も多い。

昔から食用として品種改良が繰り返された。
大きな実のブンゴウメ、小さな実のコウメなどがそれだ。
言わずと知れた健康食品で青い梅を煎じて飲むと風邪に効くと言われてきた。
果肉は胃腸の調子を整え、梅干しには解熱や鎮痛作用がある。

鎌倉彫の題材としても松や竹と並んでおめでたい行事のお返しや記念品として使われてきた。
趣味の鎌倉彫の世界でも早い段階で課題として使われている。

本日も快晴の青い空に梅の枝や花が見事に飛んでいた。
心が研ぎ澄まされるような風景である。


次は現代の花見の代表花である桜だ。



PS 今日は節句だが男の子の孫がお宮参りに父母、二人のおばあちゃんと出かけた。
  誕生1か月、しっかりした顔つきになってきた。
  光陰矢のごとしだ。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード