FC2ブログ

真竹

我アトリエの裏には真竹(まだけ)が群生している。
3年以上経ったこの竹は古くから、竹かご、花かご、うちわなど竹細工、農業用、
日本建築の壁地材、また造園用の竹垣材料など、竹材の中でもっとも多くの方面
で使用されている。

竹の皮で食べ物を包んだりするもよし。
版画のバレンなどにも使われる。
鎌倉彫の塗り材料の竹べらにも利用する。
春になると新芽を切って、ワサビ醤油で食する。---美味だ。

「日本の文化」の柱と言っても過言ではない。

この真竹を使った生活を見直す人も増えている。
本日、この竹を「欲しい」という方がいらして作業をした。
季節的には水を吸い上げつつあり遅いが、本人は満足げに何本か切り出していった。

真竹は直径3寸で1束24本長さ130cmで、相場は6千円~8千円である。

「貴重なんだなあ」

身近にある素材を観察したり、研究したりして楽しんでいる。
漆を塗って製品にするもよし。

仕事バカ、仕事オタクである。

100224madake1

100224madake2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード