FC2ブログ

IMG_0739.jpg

IMG_0740.jpg

IMG_0741.jpg

寒い日が続きますね。
朝、目覚めると古い我が家は冷気で相当気合いを入れないと布団から出ることが出来ない。
リモコンで暖房を入れ柔軟体操をしてから起き上がる。
昨晩、塗った漆の乾きが気になる。
寝室より塗り部屋のほうが室温は高い。
漆、さまさまである。
仕入れた新しい漆が乾きが早く能率アップに貢献している。
燃えるような気持ちで漆塗りに取り組んでいる。
茶器5点を納品。
ずいぶん手間がかかってしまったが仕事の質はまあまあである。

先日、茅ヶ崎のお客様にその塗りあがり物をお届けした。
134号線からすぐの潮の香りがする大きな邸宅で入口には
巨大な松が数本出迎えてくれる。
樹齢100年はゆうに超えている。見事だ。

日本では長寿を表す縁起のよい木とされ竹、梅と共にお祝いのデザインとして
器などに用いられることが多い。
クロマツ、アカマツが代表的な松で種は松ぼっくりの中にあり
繁殖することができる。
能や歌舞伎の舞台などに使われ日本文化の象徴になる樹木となっている。

日本建築の梁や桁などに利用されたり鉄道の枕木としても使われた。
またパイン材としてフローリングやSPF材として建材として販売される輸入材もある。

漆器の材料としては何度か扱ってみた事があるが樹脂が出て作品にはならなかった。
相当、寝かして樹木の生が抜けるまで時間をかけなければならない。
鎌倉彫のモチーフとしては老松のような雄大な幹に繊細な松を好んで彫りあげる生徒さんもいる。
私は三橋の松をよく扱う。
構成、デザインも考えられたよくできた図案だと思う。

華やかさはないが堂々とした壮厳な題材だ。
庭にこんな松があると気持ちがいい。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード