FC2ブログ

手刳り皿の販売

IMG_0588.jpg

昨夜の雨は激しかった。
研ぎ仕事をしていたサンルームの屋根に打ちつける雨音で
ラジオの音声が聞こえなかったほどだ。
本日、茅ヶ崎の松林での午前、午後の彫刻教室も
天候のためか欠席者が多かった。

教室からの帰り途中で2件の品物を納品。
1つはお椀、もうひとつは手刳りの豆皿だ。
後者は桂の端材を手で刳り本堅地という生漆で塗り重ねた下地に
すぐろめ漆で塗りたてた小さな器である。
最近はこのような作家的な作品はあまり動かないのだが
お客様は以前から私の作品を見ていてくれた付き合いの長い方である。
料理の腕前も一級品でお茶や書にも才がある。
地元の文化人だ。
「伝統的な鎌倉彫も素敵だが荒々しく繊細なこのシンプルな器にお料理を盛ってみたい」とのこと。
「落ち着いた漆の色合いもいいじゃない」・・嬉しい。
こんな方の言葉を思い浮かべながら製作していたのだから。
このような方々に支えられ私の仕事が成り立っている。
感謝にたえない。


このごろ自身の作品作りにまったく取り掛かれない状況である。
少しストレスがたまりかけている。

たまには愛犬パティと遠くに散歩にでも出かけようか。
鎌倉は紅葉の始まり。
おにぎりでも作り散策に出かけよう!




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード