FC2ブログ

10年ぶりの注文

IMG_0581.jpg

IMG_0582.jpg

だんだん追い込まれてきた('_')
自分がもう3人いたらと心底思う。
とはいえ時間と労力は限られているのでその中で
全力を尽くすしかない。

昨日、昔のお客様より仕事の依頼が入った。
昔から私の作品を愛用してくださるとても上品なご婦人である。
以前(10年以上前)に製作した直径尺3(39cm)の大皿だ。
八方刀痕で摺り漆仕上げである。
挽き上げた製品がなくまた特殊な形状なので
たとえ1枚でも自ら木地を作りあげると決める。

久しぶりに自宅の木工場でロクロを回した。
刃モノが錆ついているので道具の処理に時間を費やしてしまった。
2時間かけ栃の大皿を挽き上げる。
なんとか摺り漆に耐えうる肌合いに仕上がった。

八方刀痕はタイトな通しの仕事のため木地に正確な線引きをした。
いつもはもう少しラフな線引きだが今回は以前の仕事が相当気合いが
入った刀使いのためそれ以上のレベルの高い仕事に挑戦しなければならない。
仕事は毎回毎回チャレンジであり成長できるチャンスでもある。

お金のために手を抜くことで自身にとって大きな損失を招くことになる。
お客様は私の技術と感性を信頼して注文してくださった。
全力で期待に応えなければならない。


一つ一つの仕事は自らの成長の新たな入口である。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード