FC2ブログ

師匠主催の展示会

IMG_0096.jpg

快晴の日曜日。

午前はアトリエの町内会の組長会議。
1年間24世帯のお世話を無事に終えた。
一人暮らしの高齢者が思った以上に多く、また子供の数も少ない。
町内のお祭り、体育祭、防犯などの行事は役員の方々にとって
人員確保に大変な御苦労であったと思う。
地域の絆が薄れてくるのも当然との感がある。
日本の縮図を垣間見た。

午後は私の師匠であるS先生の主催する教室の発表会に行った。
鎌倉駅前の生涯学習センター地階の広いギャラリーに200点の力作が展示してある。
会場入り口には師匠の奥さまと後継ぎのお嬢様Kさんがお出迎え下さった。
日曜日の快晴とのこともあり多くの来場者で賑わっていた。

師匠らしく細かい削りで丁寧な彫り物であふれている。
柔らかいタッチの繊細な作品が多種類のアイテムで続く。
見ごたえある作品が多くすべて見るのに1時間近くかかる。

もう25年以上前、師匠の工房で彫刻修行をさせていただいた。
春先、冷たい水での砥石の直しなど下仕事から始まったが
一番きついのが慣れない正座で一日中刀研ぎをしたことである。
足がしびれ歩くこともできない。
突然の呼び出しで倒れかかったこともある。
今となってはいい経験であり思い出である。

そのころからの師匠のお弟子さんの作品も展示してあった。
当時70歳近くの生徒さんだからもう90歳は越えていると思う。
鎌倉彫は細やかな手先の動作から脳神経を刺激するとのこと。
業界の平均寿命は軽く90は越えている。
長生きの秘訣かな(*^_^*)

IMG_0097_20110213142947.jpg

師匠S先生の手刳り椿文小判箱。



アトリエに帰ると数個のチョコレート、クッキーが送られてきた。
そうか世の中バレンタインデーか。
義理チョコ、父チョコ、友チョコ、自分チョコ、・・・・。
最近は魚やさんまでバレンタインセールと称して
リボンをつけたお鍋セットなんていうのを売り出している。

なかなか日本人はたくましい!

ダイエット中!
食べ過ぎ注意!
業界のマツコデラックスだけは避けなければ(・・;)
(いや、その前にブラマヨ小杉がいる。)
只今、元旦より2キロ減!












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード