FC2ブログ

漆塗り教室の第一歩

IMG_0093_20110209154718.jpg

IMG_0094_20110209154717.jpg

IMG_0095.jpg

漆を勉強したいという愛好者が増えている。
本日も千葉県木更津からアクアラインを使い我が青樹庵工房の
漆塗り教室Cにおいでくださった生徒さんの「漆はじめの一歩」を指導した。

漆の仕事は奥が深いがそれを扱う道具はそんなに多くはない。
この教室は必要最低限の道具で漆塗りの楽しさを満喫してもらうのが趣旨だ。
漆を扱う台の定番(じょうばん)とヘラ(箆)はどうしても第一歩として必要だ。

ヘラは下地剤を塗ったり漆を調合したり練ったりする道具である。
素材は檜(ヒノキ)。
その他ニレやマユミ、イタヤカエデなど。

まずは薄く割ったヒノキ板をかんなで荒削りし
塗師小刀(タンバという長い刃モノ)で用途に応じた薄さに削り加工する。
刃モノをうまく使えず手間取る方も多いがゆっくり薄く皮をむくように
削ればコシのあるいいヘラが出来る。

ヘラは3種類ある。
下地ヘラ、練りべラ、コクソべラ(竹)。
素人さんやまれに職人さんも使うがプラスティク製の塗料べラは
用途に応じた加工が出来ない為漆用にはお勧めしない。
木曽ヒノキでなければいい仕事はできない(確信×10)

教室の先輩方の素晴らしい(・・?)助言もありいいヘラができた(拍手)。
次回からK生徒さんはこのヘラを使い自分の器を塗りり始める。

頑張ってください!

応援します!








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード