fc2ブログ

手刳り硯箱納品

IMG_0044.jpg

IMG_0042.jpg

IMG_0040.jpg

IMG_0039_20110117123017.jpg

IMG_0037.jpg


手刳りの硯箱2点完成。
お客様に届ける。

奥さまと2人で出来あがった品を見ていただく。
緊張の瞬間だ。
過剰包装の作品を開きお見せすると「おぉ~!」。
「いいねぇ」(ほっとする×10)
大げさだが注文を受けてからお客様の喜ぶ笑顔まで
一つのドラマがまた完結した。
作品がまたお客様のもとで次のドラマを作ってくれる。
この一連の繰り返しを一生続けていくんだなぁ。
作り手冥利である。

作品は限られた予算があり、漆塗りは黒漆を3回、生漆を5回木地に
浸みこませてはふき取る摺り漆仕上げにした。
木地が透けて見えるので彫刻のミスは許されない。
できるだけ刃モノを切らして丁寧に仕事を進めた。

一つ一つの仕事には反省するところも多々ある。
一生仕事は勉強だとはつき並みだが的を得ている。

次の仕事も勉強とチャレンジだ。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード