FC2ブログ

赤い実

IMG_0142.jpg

IMG_0143.jpg

IMG_0152.jpg

寒いですね。
アトリエの裏山からの落ち葉が建物全体を覆っている。
山の風景はさみしいかぎりである。

花が少なくなったこの時期、時折、目にとまる赤い実が印象的だ。

せんりょう、まんりょう、なんてん、やまぼうし、まゆみ、やぶでまり、
うめもどき、くろがねもち、はなみずき・・・・・・。

山々の赤い実を鳥が食べる。
実は食べられることで鳥に運ばれ種族を増やしていく。
葉が枯れ落ちる時期、実の赤はとても目立つ色として存在感を増す。
食べてみると美味しくないものも多く
鳥はそれほどこの味を好んでないのかもしれない。
しかし鳥はなぜかこの赤という色に引き寄せられてしまう。

自然のしくみである。

鎌倉彫のモチーフとしても赤い実は多用される。
この時期よく観察しておこう。

今年はまだ二日酔いはない(*^_^*)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード