FC2ブログ

孫と遊ぶ。

IMG_1926.jpg

IMG_1927.jpg

IMG_1928.jpg

暑い。
時間がない。
仕事の能率が上がらず焦る!

こういうときは思い切って休みをとりリフレッシュタイムにする。
かねてより娘から新居に引っ越したので遊びに来てねとのお誘いをいただき
都内某所にバス、電車を乗り継ぎ2時間かけお邪魔することに。

たまにうかがうので藤沢駅周辺のデパートにて鳩サブレー、井上蒲鉾、子供服、子供パズル、漬物などなど
大量にお土産を買いこみさながらサンタクロースのようないでたちで出かける。
娘と孫が最寄りの駅までお迎えに来てくれた.

孫がにこにこ顔で足にまとわりつく。
1歳半でようやく足取りも安定し片言のおしゃべりを繰り返す。
猛暑の中、歩いてきたようでありがたくうれしい。

新居は嫁ぎ先のご両親さんの並びの奇麗な一軒家である。
アパート暮らしの以前の家より
はるかに広く娘も幸せそうな笑顔で各部屋を案内してくれた。
いつまでたっても子供は子供、しっかりやっていけるだろうかと
心配ごとのほうが頭をよぎる。

隣のご両親さんにご挨拶をし娘の家でくつろごうとするが
元気いっぱいの孫がそれを許さない。
片言の言葉の多くが「デンシャ!」だ。
そう電車が大好きなのだ。
幸いにも江ノ電のショップで木製の連結自由な3両編成の列車を
お土産に買い孫の前に差し出す。

狂喜乱舞の喜びようでさらに「デンシャ!デンシャ!」の連呼。
また普段より宅急便を愛用しているため模型を2,3いただける。
これも手渡しするとうれしそうにニコニコ顔に。

おもちゃやパズルで2時間遊んだ。
あっという間にお別れの時間だが娘もしっかりお母さんとしての自信も付き出したようだし
孫も健康で順調に成長している。
お隣のご両親様も温かく見守ってくれている。

お盆休みの最中、すいている電車に乗り込み
安堵の気持ちで帰路へ。

アトリエに帰ると現実の諸課題に立ち向かわなくてはならないが
よい気分転換になった。

さぁ、がんばろう。







スポンサーサイト
プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード