FC2ブログ

園彫会展から

園彫会展も会期半ば。
連日200名を超える来客で賑わいを見せている。
あと2日、これからおいで下さるお客様にいくつかの作品を紹介します。

IMG_0856.jpg
DMに取り上げた3点。
15センチ角の桂材から刳りだした花入れ。え
塗り上がるとまた魅力倍増。

IMG_0845.jpg
小判型の手刳り箱。
朱蒔き塗りで仕上げた桜の文様が鮮やかだ。

IMG_0846.jpg
三段重。銀杏の総彫が豪華な雰囲気を醸し出している。
まだ塗りの途中だが仕上がりが期待される。

IMG_0847.jpg
線による幾何学模様。
呂色のコントラストが美しい優れたデザインだ。

IMG_0848.jpg
朱蒔きによる大きな額板。
波と千鳥が大胆に構成される大作。

IMG_0849.jpg
自ら漆を塗りあげた手刳リの大鉢。
下塗りに白漆を塗り上塗りに青漆。
流し刀痕の頭を白く研ぎ出した。波頭が効果的に表現されている。

IMG_0852.jpg
宝草華唐草(ほうそうげからくさ)文の飾り皿。
黄蒔き塗りで肌を少し荒らしている。
文様が黄色のコントラストにより際立っている。

IMG_0858.jpg
花ミズキの掛け鏡。
白の乾口(ひくち)塗り。
繊細に彫られた花が環状に構成され被写体を美しく見せる。

IMG_0861.jpg 自ら漆を塗り上がげた会員のの作品。
呂色磨きや深彫りの作品を見事にまとめあげている。

IMG_0850_20120414081817.jpg
手刳りの盆に繊細に彫られた文様。
造形も美しい。教授位取得。吉沢駿園。

IMG_0855.jpg
小園敏樹の近作。


IMG_0860.jpg
頂戴した花々が受付を彩る。
会場にはいたるところにアートフラワー作家の横溝典子さんの花々が作品を盛り上げてくれる。





スポンサーサイト



プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード