長谷寺からの花火。

IMG_3498_20170720213743d6e.jpg

IMG_3500_201707202137422ac.jpg
整備された日本庭園

IMG_3501_20170720213741495.jpg
蓮の花

IMG_3502_20170720213740706.jpg
桔梗の花

IMG_3504.jpg

IMG_3507.jpg
バンド演奏

はなび2IMG_0855

IMG_0853花火1




暑中お見舞い申し上げます。

ご無沙汰しております。
注文の品が殺到しましてこちらの更新が
手つかずの状態で残念な思いであります。

毎年この時期に長谷寺から花火見学のご招待をいただきます。
海風が舞い上がる高台からお酒をたしなみながらの
花火を満喫させていただきました。
今年は中止かと思いきや市と市民、企業からの寄付などの協賛金により
なんとか実現しました。
4000発の花火は壮大で海中からの花火は
海面から大きな噴水が吹き上がるようで何度見ても感動します。

鎌倉の花火、そして裏山のセミの鳴き声を聞くと
本格的な夏です。
大粒の汗も出ますがこの時期が一番仕事に
熱が入ります。
秋に向け展示会の準備に余念がありません。

連日、NHK[イッピン」で取り上げられた品を注文してくださり
受け取った方からの喜びの声をいただきます。
心から作り手冥利だなぁと嬉しく思います。


ありがとうございました。











スポンサーサイト

桜の頃

IMG_3422.jpg

IMG_3423.jpg

IMG_3424.jpg

IMG_3420.jpg

IMG_3418.jpg

IMG_3425.jpg



雨の日曜日の朝。
肌寒さも感じられる。
アトリエが鎌倉山のふもとにあるため
桜を見ながら30分ばかり小雨の降る鎌倉山を散歩。
満開である。
あと2,3日が見ごろです。
ここは約4キロ余りの鎌倉山のバス通りで
古いソメイヨシノ中心の桜の名所として
ハイカーの人出も多い。
三寒四温、ここから山々の芽吹きも始まり
暖かさも増していく。
気持ちもますます前向きになれる。
課題山積だが真摯に対応していこう。

「ながむとて花にもいたく馴れぬれば散る別れこそ悲しかれきり。」
(花を眺め尽くし観察していると花が一つ二つ、、、と散っていきその別れが悲しく感じられる)  西行。


この半年余りに横浜高島屋で3回ほど展示会に
参加させていただいた。
3月後半の展示会はあまり芳しくなかった。
確かにお客様は少なかったのですが
そんな状況でも周りの職人さんたちは
懸命に自身の仕事を誇りをもってお客様」にアピールし
これを使うとこんないいことがありますよと語り続けていた。
鎌倉彫の知名度は横浜といえども年々低下傾向で
こちらもその魅力を伝えられるよう努めた。
魅力的な手元に置きたいと思っていただけるような商品を作らなければと実感しました。

お忙しい折、会場まで足を運んでくださった方、
お礼と感謝申し上げます。

次回の高島屋は9月を予定しています。
またHPなどでご連絡しますのでよろしくお願いします。














謹賀新年。

IMG_3383.jpg

IMG_3382.jpg

IMG_3384.jpg


新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はどんな一年になるだろうか。
忙しく仕事はさせていただき感謝しながらも
健康は維持できるだろうか。
激動の始まりかもしれない日本を取り巻く状況は
安心していられるのだろうか。
皆さまの幸せをお祈りしています。

いろいろな気持ちをしたためいつもの
アトリエから歩いて2分の小さな子守神社にお参りです。
礼をし手を合わせると厳かで穏やかな気持ちになれます。
普段かなりストイックな生活を送っているので
この平静な心持が心和ませてくれます。
今年もいつもの自分でいられますように。




IMG_3379.jpg

IMG_3380.jpg

アトリエで趣味の手料理でおせち料理を作りました。
多少女子力?がついたかな。

年頭から横浜高島屋での展示会です。
現代の職人展
2017.1.11(水)~1.16(月)
横浜高島屋8F催会場
10時~20時(最終日は18時まで
連日実演しています。

作品つくりに元日からスパートです。
お越しいただければ幸いです。





長谷寺の高田華聖尼僧特別講演会。

IMG_3312.jpg

IMG_3311.jpg

IMG_3313.jpg

IMG_3314.jpg


IMG_3321.jpg


秋は我々にとって最も忙しい季節です。
仕事ばかりしていると近くの寺院や歴史的建造物を
拝観することで心穏やかに次の仕事に取り掛かれます。

先日、長谷寺の関係者から面白い企画、講演会があるので
遊びに来ないかとお誘いを受けました。
ちょうど塗りも一区切りついたので歩いて15分、出かけてまいりました。

内容は松田おしょうさまによる琵琶の演奏と観音経の紙芝居が第一部、
後半の第二部は高田華聖尼僧による日本の伝統工芸文化の多岐にわたるお話しです。
会場いっぱいに埋め尽くされた拝観者に洒脱に満ちたお話を聞かせていただき
これからの人生のためになるお言葉をたくさんいただきました。

最近、世の中の賢人のお話をよく聞きに出かけます。
深い人生を送られてきた方の言葉は心にしみいります。
今回もまた素敵な時間を過ごせました。





夏の風物詩 鎌倉花火大会~長谷寺から

IMG_3204.jpg

IMG_3205.jpg

IMG_3203.jpg

IMG_3202.jpg


IMG_3209.jpg

IMG_3215.jpg

IMG_3217.jpg

IMG_3226.jpg

IMG_3227.jpg




関東地方はまだ梅雨が明けていませんね。
7月20日朝からどんより曇った天気で気が気でありません。
この日は長谷寺の関係者より花火を高台から楽しみませんかとお誘いを受けているからである。
午前辻堂駅前、午後茅ヶ崎駅前の彫刻教室を終了後
何軒かのお客様に納品を済ませいざ長谷寺へ。
幸いにも天候は過ごしやすく良好で気持ちも晴れやかです。
主催者様が用意したお弁当とお酒とは別においしいお酒を数本用意して出発。
10分ほど歩くと高徳院大仏でそこから5分ほどで長谷寺に到着。
恐縮にも総括の大谷さんや総務の井上さんたちが入り口でお出迎えされ
高台に上り観覧席に到着しました。
お庭も建物もとてもきれいなお寺です。

ここで長谷寺のことを少々記します。
浄土宗系統の単立寺院で坂東三十三箇所、観音霊場の第四番札所で
一年を通じてアジサイなど花の寺としても親しまれています。
木造の高さ9メートルほどの日本最大級の十一面観音像も有名です。
レストランや写経場もあります。
近年、この美しいお寺は多くの行楽客でにぎわい土日以外でも相当の混雑ぶりです。
鎌倉市長谷3丁目11-2
拝観時間 8時から17時
大人拝観料 300円
有料駐車場有り

7時過ぎから始まる花火ですが
関係者は5時半に集合で開始までの2時間は
皆情報交換や酒盛りで楽しそうでした。
知人に案内され見晴らしの良い前列にお酒を飲みながらの花火観覧です。

第68回鎌倉花火大会。
船が海に投げ込まれた花火が会場で花開く水中花火とスピード感あふれる連続花火が
見事で湘南地区の夏の始まりの風物詩になっています。
来場者15万人でデートスポットとしても有名です。

私が子供の頃より長らく8月10日が開催日として定着していて
昼間に海水浴、夜に花火というのが恒例でした。
滑川西側が由比ガ浜海岸、東側海岸が材木座海岸この二つが主な会場です。
海に近いほうが迫力はあるのでしょうが夜風が心地よく
楽しいお酒とお話し、高台からのパノラマのような美しい花火を
堪能できました。
お仲間のSさんに感謝です。

もう少しで夏の始まり。
ばてないように頑張りましょう。











プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード