かながわ名産展・小園敏樹鎌倉彫新作展







連日実演していますのでお気軽に
お声掛けしてください。




スポンサーサイト

小園博句集「彫琢」


IMG_2763.jpg

IMG_2764.jpg
小園博 句集 「彫琢」  鎌倉春秋社 定価本体2800円

父であり鎌倉彫業界の先輩であり師匠である小園博が4作目の句集を発表しました。
もう何回 目を通しただろうか。
何回 涙しただろうか。

昨年母(父にとっては最愛の妻)が突然くも膜下出血で亡くなり
父も相当な悲しみと絶望感に苛まれ呆然自失の中で
この句集を書き上げました。
鎌倉彫を生業とし60年近く母と寄り添い
仕事に向かっていたのだからその想いは計り知れません。
妻の面影を感じながら湧いてくる感情をこの句集に込め書き上げました。
多少なりとも家族として思いをともにし胸に詰まる感情でこの句集を読みあげました。





天国ももう秋ですか八千代さん。

(母の名は八千代。)

独り笑つてひとり寒くて妻居らず

妻逝くや夏景すべてとどこほる


以下父の自選。

生かされて彫琢の日々花咲きぬ

逝くもののみな風になり半夏生

言ひたして言ひたして寄る春の波


IMG_2765.jpg
第1集「鬼にもならで」より自選

やわらかしふるさとの雪ふるさとの土

鬼城忌や鬼にもならで木を彫れる



IMG_2766.jpg
第2集「化粧坂」

白絣水の如く生ききしか

秋谿へ即興詩人の鳥が翔つ


IMG_2767.jpg

第3集「谷戸風韻」

線足して大きくしたり秋の山

我が胸にわが声通す冬の海

父は16歳から俳句を詠んでいます。
68年目に入りました。
父には俳句があってうらやましいなぁと。
鎌倉彫の作品にも俳句の感性が生かされています。
単なる季節感ではなく自身の周りの空気を作品に表しているのだと感じます。

83歳、公務も多く
父を慕う鎌倉彫の生徒さん、俳句の同人など
人と接する機会が多いのも心身共に健康でいる源になっているのでしょう。
これからは肩の力を抜いて道楽人生を楽しんでいただきたい。



第4集「彫琢」は今年3月発刊しました。
鎌倉の書店で3か月ほど発売して好評ののち販売は終了したかと思います。
お求めはかまくら春秋社販売部に問い合わせてください。
0467-25-2864まで




甥っ子の結婚式 in Osaka

IMG_2563.jpg

毎年、この時期は特に忙しい。
納品の仕事、各公民館サークルの作品展示、地方の展示会、日本クラフト展の作品製作、
メディア取材、来年の展示会の打ち合わせ、
喪中はがき書きなどの雑用や塗り注文のお客様への対応・・・・・などなど強烈に忙しい(;一_一)

そんな折、23日勤労感謝の日に甥っ子の結婚式に出席のため大阪に出かけました。
早朝、新幹線で新大阪下車、地下鉄で数分の御堂筋通り淀屋橋駅前の御霊神社が会場です。
彼は両親のDNAを受け継ぎ学業優秀で人柄も良い28歳のまさにエリートです。
決してきらびやかではありませんでしたがかわいい新婦さんとともに
心のこもった温かい式、披露宴で素敵な門出となりました。
私も緊張しながらの行き当たりばったりの冒頭のはなむけのスピーチを
何とかこなし夕方にはとんぼ返りで納期の塗り仕事をこなし明け方就寝というハードな一日でした。
彼は何もかも持っているナイスガイで私も成長をとても楽しみにしています。

お幸せに。



IMG_2560.jpg

IMG_2561.jpg

IMG_2562.jpg

第42回鎌倉彫創作展の報告。
先日鎌倉彫工芸館を会場に業界主催のコンクールが1週間にわたり開催されました。
私も会期終了間際に見学に伺いました。
したがってご案内が遅れて失礼しました。
出品点数は例年に比べかなり少なかったのですが
力作も多く工夫を凝らした作品も多かったように思えます。
グランプリ作品を始め新しい洗練された鎌倉彫で見事でした。
今回は私は母を失ったことや例年以上に忙しかったこと、クラフト展や地方の展示会が重なったこと
審査員の先生の一人がクラフト協会の先輩で親しいこと制作準備期間がなかったこと
モチベーションが上がらなかったこと・・・・などなどの事情が重なりお休みしました。
出品者でなく1歩離れてこの展覧会を拝見するといろいろな思いが浮かんできて
とても勉強になりました。

若い方々の登竜門であるこの展示会の発展を願っております。












伊豆の旅

IMG_2285.jpg
ホテル近くの見事な松。

IMG_2286.jpg


IMG_2293.jpg
海に面したシーサイドホテル。

IMG_2294 (0)

IMG_2295 (0)
海の幸が豊富な磯料理。


先日、作家仲間が悲惨な生活を送る私をひと時の休息を兼ねて
一泊の伊豆の旅に誘ってくれた。
車で2時間余り東伊豆の海に面した温泉ホテルである。
ロケーションも素晴らしく温泉、料理、サービスなど
心癒される宿であった。
何よりも海に面しているので解放感ある大きな窓から
見下ろせる海岸が気持よく晴れ晴れとした気分を満喫できた。
お湯につかりお酒を交わしながら楽しい時間を過ごせた。

翌日は近くの美術館や道の駅に立ち寄り帰路へ。
熱海のMOA美術館は数年ぶりだが展示物はもちろんのこと
施設のクォリティは高く見ごたえのある内容だった。

われわれは毎日かなりストイックな生活を送っているので
よいリフレッシュの時間を与えてもらった。
友人たちに感謝したい。

IMG_2306.jpg
熱海の小高い丘にそびえるMOA美術館のエントランス。

IMG_2307 (0)

IMG_2309.jpg
見事な能舞台。

IMG_2310.jpg
秀吉の黄金の茶室を忠実に再現。

IMG_2313 (0)
館内から伊豆の海を見下ろす。

IMG_2304 (0)
伊豆のお土産。


気持ちを切り替え仕事!仕事!
相変わらずの鎌倉彫バカ。ものつくりバカである。








法事 母を送る。

IMG_2372.jpg

IMG_2369.jpg

IMG_2373.jpg

母の四十九日の法要が親族ら20名余りで
近所のお寺でしめやかに執り行いました。

当日は台風の影響で天候もすこぶる悪く
お集まりになられた方には御礼と感謝を申し上げます。
お坊さんのお経やお話に続き納骨も行い一連の
忌明けの行事は無事に済ますことができました。

納骨は激しい雨が一時的に収まりお坊さんの
お経の時には突然蝉が私の背広の胸元に留まり
大きな声で泣き出しました。
周りの参列者が「母が戻ってきたんだね」との声。
お別れの儀式はこれからも続くが一つ一つのシーンで母の
面影を強く感じている。
閻魔様に天国に導いていただきわれわれを見守っていただきたい。

父の住まいに素敵な創作仏壇が届いた。
クラフトデザイン協会の先輩のF氏による作品である。
モダン和風をコンセプトに色合いの美しい素材感のある仏壇である。
母が亡くなってすぐの一カ月前に相談し制作にかかっていただいた。
普段の自身の仕事もあったにも関わらず精力的に取り組んでいただいたことに
感謝申し上げます。
父も大変気に入ったようで毎日のお線香あげも心地いい気持でのぞめるとのこと。

我が家は初めての仏様をむかえるということでここ1か月余り母を送る準備に追われたが
お盆をむかえ母への思いは衰えることはないが
少しづつ穏やかな気持ちになりつつある。

正直、人ひとりをあの世に送ることは厳格な大変なことだなぁと
つくづく感じた。
これからは一人になった父の支えにも力を尽くしたい。
一連のことでご心配やお悔やみのお言葉、法事のお手伝いなど
皆さまに感謝申し上げます。

IMG_2378.jpg

IMG_2377.jpg









プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード