FC2ブログ

ご案内。神奈川クラフトマンフェア。

IMG_3637.jpg

IMG_3638.jpg


IMG_3640.jpg

IMG_3642.jpg

3月に入りました。
だいぶ暖かくなってきましたね。
連日、寒暖の差が激しく体調を崩す方も見受けられます。
まだ風邪をひく方も多く健康管理に気を使ってください。

2月の名古屋高島屋展は寒さもあってか来場客は
そう多くはなかったのですが成果としては上出来ではなかったのかなあと
思いながらさらなる鎌倉彫の新たな提案を続けなければと痛感させられました。

3月は前回御案内いたしました北鎌倉のすみれ堂展と
今回ご紹介いたします横浜高島屋での神奈川のクラフトマンフェア展です。
連日」会場におりますのでぜひとも遊びにいらしてください。



スポンサーサイト

北鎌倉のすみれ堂展のご案内。


名古屋高島屋9階の和食器ギャラリーにて
展示会がこれからという時ではありますが次の展示会のご案内をいたします。

IMG_0133.jpg

IMG_0131.jpg

年に2回北鎌倉駅から歩いて3分ほどの線路沿いの住宅地の中にある
土曜日、日曜日、祝日に開業しているギャラリーです。
オーナーーの川原聖子さんの趣旨に賛同しての参加です。
福島のみなしご犬を保護しているNPO法人
への援助のためのチャリティ展示会ですでに数百万もの援助を継続中です。
土日祝日のみの開店ですがご高覧くだされば幸いです。







かながわ名産展・小園敏樹鎌倉彫新作展







連日実演していますのでお気軽に
お声掛けしてください。




小園博句集「彫琢」


IMG_2763.jpg

IMG_2764.jpg
小園博 句集 「彫琢」  鎌倉春秋社 定価本体2800円

父であり鎌倉彫業界の先輩であり師匠である小園博が4作目の句集を発表しました。
もう何回 目を通しただろうか。
何回 涙しただろうか。

昨年母(父にとっては最愛の妻)が突然くも膜下出血で亡くなり
父も相当な悲しみと絶望感に苛まれ呆然自失の中で
この句集を書き上げました。
鎌倉彫を生業とし60年近く母と寄り添い
仕事に向かっていたのだからその想いは計り知れません。
妻の面影を感じながら湧いてくる感情をこの句集に込め書き上げました。
多少なりとも家族として思いをともにし胸に詰まる感情でこの句集を読みあげました。





天国ももう秋ですか八千代さん。

(母の名は八千代。)

独り笑つてひとり寒くて妻居らず

妻逝くや夏景すべてとどこほる


以下父の自選。

生かされて彫琢の日々花咲きぬ

逝くもののみな風になり半夏生

言ひたして言ひたして寄る春の波


IMG_2765.jpg
第1集「鬼にもならで」より自選

やわらかしふるさとの雪ふるさとの土

鬼城忌や鬼にもならで木を彫れる



IMG_2766.jpg
第2集「化粧坂」

白絣水の如く生ききしか

秋谿へ即興詩人の鳥が翔つ


IMG_2767.jpg

第3集「谷戸風韻」

線足して大きくしたり秋の山

我が胸にわが声通す冬の海

父は16歳から俳句を詠んでいます。
68年目に入りました。
父には俳句があってうらやましいなぁと。
鎌倉彫の作品にも俳句の感性が生かされています。
単なる季節感ではなく自身の周りの空気を作品に表しているのだと感じます。

83歳、公務も多く
父を慕う鎌倉彫の生徒さん、俳句の同人など
人と接する機会が多いのも心身共に健康でいる源になっているのでしょう。
これからは肩の力を抜いて道楽人生を楽しんでいただきたい。



第4集「彫琢」は今年3月発刊しました。
鎌倉の書店で3か月ほど発売して好評ののち販売は終了したかと思います。
お求めはかまくら春秋社販売部に問い合わせてください。
0467-25-2864まで




甥っ子の結婚式 in Osaka

IMG_2563.jpg

毎年、この時期は特に忙しい。
納品の仕事、各公民館サークルの作品展示、地方の展示会、日本クラフト展の作品製作、
メディア取材、来年の展示会の打ち合わせ、
喪中はがき書きなどの雑用や塗り注文のお客様への対応・・・・・などなど強烈に忙しい(;一_一)

そんな折、23日勤労感謝の日に甥っ子の結婚式に出席のため大阪に出かけました。
早朝、新幹線で新大阪下車、地下鉄で数分の御堂筋通り淀屋橋駅前の御霊神社が会場です。
彼は両親のDNAを受け継ぎ学業優秀で人柄も良い28歳のまさにエリートです。
決してきらびやかではありませんでしたがかわいい新婦さんとともに
心のこもった温かい式、披露宴で素敵な門出となりました。
私も緊張しながらの行き当たりばったりの冒頭のはなむけのスピーチを
何とかこなし夕方にはとんぼ返りで納期の塗り仕事をこなし明け方就寝というハードな一日でした。
彼は何もかも持っているナイスガイで私も成長をとても楽しみにしています。

お幸せに。



IMG_2560.jpg

IMG_2561.jpg

IMG_2562.jpg

第42回鎌倉彫創作展の報告。
先日鎌倉彫工芸館を会場に業界主催のコンクールが1週間にわたり開催されました。
私も会期終了間際に見学に伺いました。
したがってご案内が遅れて失礼しました。
出品点数は例年に比べかなり少なかったのですが
力作も多く工夫を凝らした作品も多かったように思えます。
グランプリ作品を始め新しい洗練された鎌倉彫で見事でした。
今回は私は母を失ったことや例年以上に忙しかったこと、クラフト展や地方の展示会が重なったこと
審査員の先生の一人がクラフト協会の先輩で親しいこと制作準備期間がなかったこと
モチベーションが上がらなかったこと・・・・などなどの事情が重なりお休みしました。
出品者でなく1歩離れてこの展覧会を拝見するといろいろな思いが浮かんできて
とても勉強になりました。

若い方々の登竜門であるこの展示会の発展を願っております。












プロフィール

小園 敏樹

Author:小園 敏樹
鎌倉で生まれ育った。鎌倉彫職人。漆造形作家。花や自然、
美しいものを愛する男です。O型

リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード